Photo・Camera

【購入しました】フィルム初心者が気軽に始める1台に!kodak ektar h35 half frame camera

みなさん、こんにちは!

penfulのコウです。

発売前から話題になっていた、kodak ektar h35 half frame cameraというフィルムハームカメラが発売されたのをご存知でしょうか。

 

フィルムの値上がりが続いているので、なかなかフィルム写真も撮りづらいという話も聞きます。

そんな中、フィルムカメラを始めたい方、もっと気軽にフィルムでシャッターをたくさん切りたい方を救う1台にこのカメラはなるかもしれません。

ぼくは、購入してからずっと持ち歩いています。

ハーフカメラだから撮れる枚数が2倍

買って実際に良いなと思ったポイントを3つ。

まず35mmフィルムは、現行発売されているものだと36枚撮りか24枚撮り。

しかし、このカメラは1コマに2枚撮影ができる作りになっているので

36枚だと72枚

24枚だと48枚

撮ることができます。

実際、僕も今ファーストロールを撮影中ですがめっちゃ気軽に撮っていっています。

早く現像したいのに、なかなか終わらないのが唯一の嬉しい悩み。なんか贅沢な感覚ですね。

だって、最近のフィルムってものによりますが1本700円程度くらいからです。

それに現像代もかかってきます。同じフィルムの値段でたくさんのフィルム写真を撮れるってだけでなんか得した気分にもなります。

コンパクトで軽い、そしてかわいいから毎日持ち歩ける

ハーフカメラ自体は、昔からあるカメラ。

有名どころだと、オリンパスpen。

調べてみていただくとわかるのですが、オリンパスpenは金属なのでそれなりに重厚感があるのに対して、kodak ektar h35 half frame cameraは素材がABSなので100g程度。

カメラって買ってから大事なのは、いかにそのカメラで撮り続けるかということ。せっかく買っても重かったり、自分の趣味に合わないとすぐ眠ってしまいがち。

そんなことにもこのカメラならなりにくいかも?
ちなみに本体のカラーは4色展開。

僕は、悩みに悩んでセージ色にしました。

みなさんは、何色にしますか?

夜でも大丈夫!フラッシュ内蔵!

単4電池を別売りで買う必要はありますが、フラッシュを使うことができます。

使い方も簡単。カメラレンズ周辺の筒の部分を回すだけ。

そのあと、背面の赤ランプが点灯したらフラッシュチャージ完了!

これだけで切れちゃいます。レンズが、F9.5の絞りなので室内や夕方以降は、フラッシュ活躍の場面が多くなりそうです。

もしくは、フィルムのISO感度を上げるか。

まだ使い始めたばっかりですので、どのくらい寿命があるカメラか未知数ですがどんどんシャッターも使っていきたいなと思っています。

開封レビュー

フィルムを入れる際は、横のボタンを下げる。
手動なのでフィルムを入れて、シャッターダイヤルを巻きます。

背面左下にシャッターダイヤルがあります。ちょっと回しにくいけど、
こういう一手間がかわいく感じる。

フラッシュのために、単4電池を1本用意しましょう。
同梱されているのは、カメラ本体、カメラポーチ、ストラップ。
説明書もありますが、QRコードでオンラインで確認になります。

便利なストラップ

ちなみに僕は、こちらのストラップをつけてズボンにぶら下げています。

ショルダーやバックにつけても使いやすいかなって思います。

【ROOT CO.】マグネット内蔵カラビナリール GRAVITY MAG REEL 360 (ブルー/グロス)

作例はまた現像ができあがったら載せますね。

今日のコウのつぶやき

フィルムをもっとも手軽に始めるなら、FUJIFILMさんの写ルンですかもしれません。
フィルムもセットされているし、ストロボも電池いらないですし。。

ですので、まずは写ルンですなどで挑戦してみて、なんかいいなって思ってから、このカメラを買ってもいいかも。

きっと、長く使うカメラの1台になると思います。

ミラーレスカメラの身の回りグッズ探している方はこちらの記事もおすすめです。

ABOUT ME
岡本 晃
写真と言葉の掛け算で表現の可能性を模索しながら活動中。主に「日常的な写真表現」と「旅関連の記事」が主な分野。MVや舞台で演じることも。 フクロモモンガと暮らしています。 SNSもフォローしてくれるととても嬉しいです。